Orthodontics矯正歯科

歯並びが悪いと虫歯になる確率が上がる?

「歯並びが悪いと清掃性が悪くなるため、食べ物が詰まることも多いため、むし歯になるリスクが高まります。逆に歯がきれいに並んでいれば、清掃性がよくなり歯磨きがしやすくなり、むし歯や歯周病になるリスクが下がります。

予防や今後大人になり生涯にわたり歯を残すためには、プラークコントロールがとても大切です。 最近は虫歯の子供は少なくなってきていますが、歯並びの悪い子が多い状況です。当院では、0歳から90歳まで診るというスタンスでやっていく中で、大人になった時に歯周病が進んでいない、むし歯になってないことを重要だと考え、フィードバックした時に、やはりキレイな歯並びが1番いいのです。
矯正治療は、見た目のためだけではなく、それ以上に機能向上のために必要な治療です。機能がよくなれば、自動的に歯も整えられきれいになるのです。それは矯正だけではなく、補綴や入れ歯なども同様です。

  • 矯正治療のメリット

    歯並びがきれいになり、口もとの印象がよくなる。
    歯並びがよくなることにより、ブラッシングしやすくなり、虫歯や歯周病にもなりにくくなる。

    咀嚼しやすくなったり、発音がよくなったりする。
    歯並びの悪さが原因のコンプレックスを解消できる。

  • 悪い歯並びが体に与える影響

    虫歯・歯周病のリスクが高くなる
    歯並びが乱れていると、ブラッシングをしても磨き残しが多く、プラークが溜まりやすい状態だと言えます。そのため、虫歯や歯周病にかかるリスクも高くなります。

    発音が悪くなる
    歯と歯の間に隙間があると、そこから空気が抜けて話しづらくなる場合があります。また、歯並びがガタガタしていると、舌の動きが制限され、発音が悪くなることがあります。

    咀嚼しづらくなる
    歯並びがよくないと、食べ物を前歯で咬み切ったり奥歯でしっかりと咬んで飲み込んだりといったことが難しくなります。よく咬まないまま飲み込むと、消化を助ける唾液が分泌されません。そのため、消化器官にかかる負担が大きくなります。

    顎関節に負担がかかる
    歯並びが悪いと、咀嚼する際にアゴにかかる力が均等に分散されず、アゴの関節にかかる負担が大きくなります。また、歯並びの悪さは顔へも影響を与えます。出っ歯などの場合、口もとがしまりづらいため、見た目の印象が悪くなってしまうこともあります。

    その他
    歯並びや咬み合わせの悪さが頭痛や肩こりを誘発したり、精神面にも悪影響を与えたりします。

矯正の適齢期は?

早い時期(幼児期)に矯正治療を行っても、それを終わらせたら、小学校高学年や中学生くらいでまた悪くなることが多いです。 幼稚園や小学校低学年でやらなければいけないのは、骨格的に治療が必要な子になります。顎がすごく小さかったり、ひどい上顎前突、下顎が大きくて押さえなくてはいけない子などは、早い段階でやる必要があります。歯がガチャガチャしてる等の理由の場合、顎を広げましょうと言われます。確かに横には広がりますが、縦を無視をしているのです。
だいたい歯並びが悪い人は噛み合わせが前後的な問題もあります。小さい子は床矯正という、床だけを広げ、スペースを作って治療を行します。広げることにより、歯のガチャガチャ感は治りますが、前後は治せないため、結局手直しが必要になります。
当院では、本人が希望し、説明がわかるようになった時期が、適した時期だと考えています。なぜ頑張らなければいけないかっていう大人の話がわかるくらいの年(小学校4・5年くらい)。それくらいになると、なぜやらなければいけないのかという理屈が理解できると、子供もきちんとやってくれるのです。
そのため子供にも説明をしっかりしたうえで、理解度がしっかりある場合、治療のゴールは早くなるし、間違いがないのです。
もちろん、矯正は大人になってからもできます。小学校で月に2mm動きます。高校生では月1mmくらい、大人で0.5mm動きます。子供に比べ動くスピードは遅くなるけれど、ちゃんと動くということは治るのです。

総合歯科での矯正のメリット

矯正歯科専門など、特定の何かを突き詰めることも大事だと思っています。どうにもならないような状況の時にはやはりスペシャリストは必要です。
ですが、矯正治療中にむし歯になってしまった場合、矯正専門治療院の場合は、別で歯科医院に通わなければなりません。また、専門の先生を月に1度など頼んでいる場合、その先生が不在時に、ワイヤーがとれてしまったなどトラブルが起きた際に対応ができません。
総合歯科であれば、矯正やりながら、むし歯の治療ができる。矯正やりながら歯周病が見れる、トラブルがあった際に対処できるというメリットがあります。

当院の取り扱い矯正装置・矯正法

メリット デメリット

メタルブラケット

銀色のブラケットでできた一般的な矯正装置です。

様々な症例に対応できる。
矯正治療の中では治療費が安い。
矯正装置が銀色であるため、笑ったときなどに目立つ。
金属アレルギーの方は使用できない。

クリアブラケット

透明感のある素材でできた矯正装置です。

矯正装置が目立たない。
痛みが少ない。
治療期間が短くて済む。
歯やアゴが小さい日本人に適している。
治療費がやや割高になる。

セラミックブラケット

素材にセラミックを使用した矯正装置です。

マルチブラケット方式なため、様々な症例に対応できる。
ブラケットだけではなくワイヤーも自然な色味できる。
金属アレルギーの方でも使用できる。
治療費がやや割高になる。

マウスピース矯正

(アクアアライナー)
透明なマウスピースを装着して歯を動かす矯正方法です。
採取した歯型をもとに理想的な位置への移動を、
シミュレーションし一定の期間ごとにマウスピースを、
交換することで歯を移動させていきます。

クリアタイプなため、装置が目立たない。
食事やブラッシングをする際に装置を取り外すことができる。
口腔内に傷がつくことが少ない。
歯並びや咬み合わせの状態によって、適用できないこともある。
毎日20時間以上は装着している必要がある。

矯正の料金紹介

診断検査 無料
第1ステージ 324,000円
第2ステージ 108,000円
第3ステージ 108,000円
第4ステージ 108,000円
リテーナー 片顎 27,000円
調整料 3,240円~8,640円

上記の料金形態はメタルブラケットの場合になります。クリアブラケット、セラミックブラケットの場合は片顎+54,000円となります。
料金は全て税込みです。
当院では、このような矯正装置・矯正法を用いて矯正治療を行っています。カウンセリングでは、分かりやすく丁寧にご説明しますので、歯並びが気になる方はお気軽にご相談ください。

柏市の小児歯科・矯正歯科専門ガイド 出っ歯・受け口・歯並びを直したい方へ
渡辺歯科医院
TEL: 04-7133-1416
〒227-0813 千葉県柏市大室249-2

地元の校医として地域医療に貢献
一般歯科/訪問歯科/予防歯科/歯周病/矯正歯科/インプラント/義歯/機能美歯科/ホワイトニング/マタニティ歯科/小児歯科

診療時間 日日・祝
9:00~12:00 / /
14:00~18:30 / /

★…14:00~20:00 / ◆…14:00~17:00(第2・第4土曜日のみ)
休診日:木曜日、日曜日、祝日